「だって、彼氏は欲しいでしょ?」
と、屈託の無い笑顔で彼女は言いました。

もちろん、彼氏が出来たら嬉しいですよね。
それは誰でも同じだと思います。
しかし、それ以前に先ずは好きな人を作らなくては彼氏なんて出来ませんよね。
そして好きな人を作るためには
「この人だ」
と思える人を見つけなければなりません。

しかし、彼女はそれらの過程は考えていないようでした。
合コンがあれば、男性の多くに愛想を振りまいていました。
その中で、彼女とコンタクトを今後も取り続けて行きたいという男性たちとデートをしたりしていました。

誰と1番、付き合う可能性があるか
誰が1番、自分に真剣でいてくれるか
その事ばかりを気にしていました。
そして、1番最初に告白をしてくれた人とお付き合いをすることとなった彼女。

めでたく彼女の思うように彼氏が出来たわけです。
しかし、1番最初に告白をしてくれたからという理由で付き合ってよいものかと疑問はありましたが
彼女自身が決めたことですので、幸せになってもらえたらとも思いました。

2人の関係は長く続きませんでした。
やはり、彼女のほうが彼のことを好きになりきれなかったようです。

愛を乞い、愛想を振りまいても本物の恋愛が生まれることはないようです。